脱毛初心者のための知識

3つ脱毛脱毛方法の違い

一度に処理できる範囲の広さ

光脱毛→レーザー脱毛→電気針(ニードル脱毛)の順になります。
レーザー脱毛も脱毛機械によっては、普通の光脱毛の照射範囲に近いものも出てきています。

痛みの強さ

電気針(ニードル脱毛)→レーザー脱毛→光脱毛
ただし、光脱毛は使う機械によって痛みが異なる場合もあります。そりでもレーザー脱毛よりは痛くありません。
またレーザー脱毛は医療機関で行うため、麻酔をするという鎮痛方法もあります。

永久脱毛

脱毛効果の持続力が一番高いされているのは、ニードル脱毛です。レーザー脱毛も医療機関で扱える高出力のものであれば、ほぼ完全に毛根組織を破壊できるので、永久脱毛に値する効果が得られる可能性が高いとされています。
一番再度生えて来る確率が高いのが、光脱毛です。自然光に近い光をやけどなどの危険のないよう広範囲に充てるので、完全に全部の毛根組織を破壊できる確率が低いようです。
ただし、完全に生えなくなる場合もありますし、毛が細く薄くなっていきます。さらに回数を繰り返し行う事で、ニードルやレーザーに近い結果を得られる確率が高くなっていきます。
永久脱毛というのは、まだこれらのだつもう方法で、50年ぐらい経過した結果がないので、正確にそうだとは言いにく部分がありますので、どの方法であっても本当に永久脱毛することができるのかどうかは不明です。

 

脱毛初心者のための知識|全身脱毛名古屋記事一覧

もう痛いというのは、過去の話だと言われるぐらい脱毛が進化しています。もちろんそれでも脱毛方法によっては痛い方法であれば痛いのは当然です。美容電気脱毛という1本づ電気を通す針をさして焼く方法は今でもかなり痛いですし、レーザー脱毛も脱毛機械が進化しましたが、痛いのは同じです。レーザーはニードルほど痛くないといわれますが、どうして、レーザーで焼いて破壊する痛みはけっこうありますから、それで全身を脱毛する...

黒い物に集まる習性のある光だけを光源を使用したり、フィルターをかけたりして照射するものを光脱毛といい、フラッシュ脱毛ともいわれます。開発したメーカーによって、異なる光源を使っていたりして、呼び方が異なっています。それがSSC脱毛、IPL脱毛といったものになっていま。SSC脱毛SSC脱毛は、イタリアで研究開発された美肌効果が期待できる方法で、「スムーススキンコントロールメソッド」いうものの略称で、S...

剃り毛は必要?光脱毛、レーザー脱毛などでは、剃った後に肌に照射しますので、自分で剃るか、脱毛施術を受ける先で剃るかになります。たいてい、剃ってくるように時事されます。但しカミソリで剃って肌を傷めると、そこには照射できなくなってしまうのであまり深く剃らないように顔用のシェーバーなどで丁寧に慎重にやりましょう。サロンによっては剃り毛も脱毛のメニューに入っている場合がありますから、確認しておきましょう。...