脱毛の痛みの違い

脱毛の痛みは脱毛方法で異なる

もう痛いというのは、過去の話だと言われるぐらい脱毛が進化しています。
もちろんそれでも脱毛方法によっては痛い方法であれば痛いのは当然です。
美容電気脱毛という1本づ電気を通す針をさして焼く方法は今でもかなり痛いですし、レーザー脱毛も脱毛機械が進化しましたが、痛いのは同じです。

 

レーザーはニードルほど痛くないといわれますが、どうして、レーザーで焼いて破壊する痛みはけっこうありますから、それで全身を脱毛するとなれば、場所によってはかなり痛いバズです。

 

ワキやデリケートソーンなどでしたら、らかなり痛くて続けられるかどうか心配なほどだと思います。

 

一番痛みが少ないといわれているのが、光脱毛です。いろいろな工夫がされていて、部位によっては無痛日かいいわれます。

 

しかし、まったく痛くないというのも間違いです。痛覚が多い敏感な部分は多少ピリピリとした痛みがあります。

 

また同じ光脱毛でも使う光がことなり、機械によって、痛みの差があります。脱表的な光脱毛として、IPLとSSCがありますが、IPLの方が痛い感じる人がおおいでしょう。

 

またこの痛みの度合いというのは、光の出力による違いの可能性が大きく、痛いほとがより毛根組織の破壊が激しくおきると考えられるので、同じ時間の照射であれば、痛い方が脱毛の確実性は上がるのではないかと思います。

 

しかし、繰り返すことで、それをカバーされ、同じような効果になると考えられます。

 

痛みをとるか、照射回数、時間をとるかの選択で、レーザーが一番強いものと考えり場いいのではないかと思います。

脱毛は痛い?|全身脱毛名古屋関連ページ

IPL脱毛S・S・C脱毛の違い|全身脱毛名古屋
現在主流の光脱毛方法である、SSC脱毛、IPL脱毛の違いについて、痛みや施術方法などにまとめてみました。
脱毛準備と注意|全身脱毛名古屋
脱毛を受ける前の準備が脱毛方法によって異なりますので注意しましょう。良く確認して前日の準備をしましょう。